高周波焼入は最新の技術で、お客様のきめ細やかなニーズにお応えいたします。

高周波焼入は最新の技術で、お客様のきめ細かなニーズにお応えいたします。

高周波焼入

高周波焼入では、表面焼入、局部焼入の用途に応じて効能を発揮します。

  • 表面の硬化層は1~3mmで極めて硬く圧縮残留応力が存在し、耐摩耗、耐疲労の目的に利用されます。
  • 表面を硬化させ、芯部は素材のままで、靭性を有し耐衝撃性にもとみます。
  • 硬化させる部分のみを加熱するので変形が少なく、また短時間加熱で脱炭はなく、研削工程を短縮できます。

高周波定置焼入

高周波定置焼入

高周波移動焼入

高周波移動焼入

焼入パターン1

焼入パターン1

焼入パターン2

焼入パターン2

高周波焼入のサンプル実験 大歓迎!

お客様が計画を具体的に進めるための実験に対して、私達は誠心誠意ご協力致す所存であります。
実験の難易にかかわらず申し付けくださるようお願いいたします。
※電気機械、金属の各専門技術者の他、多数の技能士を有し、技術・技能について充実しています。
高周波焼入の完成品までの一貫した受注ができます。

お問い合わせはこちら >>>

高周波焼入|火炎焼入|高周波加熱装置のことなら高周波焼入のエキスパート電子科学工業